« 【妄想】テントを手放さなきゃ良かったかも | トップページ | 【レビュー】ZOLTAR PythonJet2(パイソンジェット2)のインプレ!/Arai CLASSIC MODとの比較 »

2022-09-20

キャノピー付きテントが欲しい!【最強ULテント2選】

はじめに

やっぱりソロキャンプはキャノピー付きテントが正解です!

 

バンドッグソロティピー1TCを手放した代わりのテントを買うことが出来てませんが

かなり素敵なキャノピーテントを2つ見つけた!

 

1.NINJA TENT

Ninjatent/PAAGO WORKS
出展:PAAGO WORKS(外部リンク)

「パゴワークス」が販売している、「NINJA TENT」

このテントはCAMPHACKの記事で見つけた。

ハッシュタグをフォローしてチェックしたところ、バイクパッキング、徒歩キャンパーのユーザが多いみたいです。

パゴワークスとは

2011年にスタートした日本のアウトドアブランド。 震災でみんながアウトドアから遠ざかっていた時、Pack and Go!(荷物を詰め込んで出かけよう!)という意味を込めて、PAAGOWORKSと名前をつけました。長年アウトドアのプロダクトデザイナーとして活躍してきた斎藤徹が、「何か世の中のためにできる事はないか?」という気持ちでスタートしたブランドです。
(引用:公式ページ

■仕様

サイズ 120 x 220 x 105cm
収納サイズ 45X15cm
最小重量 1160g(フライシート、インナーテント、ポール2本)
最大重量 1600g
定員 2名
シーズン 3シーズン
素材 30Dナイロン シリコンコーティング
カラー ダークグレー、ダークベージュ
耐水圧 3700mm(フライシート、インナーテントのボトム部分)
付属品 インナーテント、レインフライ、スタッフバッグ、ペグ7本、ガイライン2本、ポール2本、専用グラウンドシート、リペアキット(トレッキングポールは付属しません。)

重量が2キロを切っており、さらに定員も2名。ポールはDAC社のフェザーライトを採用している模様。

かなり良いのですが、残念な点が1点、シームテープ処理がされていないので自分で防水処理をする必要があります。

人気のテントのようで予約&抽選でなかなか入手するのがむつかしそう。

 

2.コッパースプール HV UL1

Copperspurhvul
出展:ケンコー社(外部リンク)

アメリカのビッグアネスというメーカーが展開しているULテントのの中で一番人気のテントらしい。

Youtubeのおすすめ動画にレビュー動画が出てきた。

その動画で紹介のあったユーザは女性の徒歩キャンパーで、このテントの良いところは一人用なんだけど、よくある一人用テントよりサイズに余裕があり収納がコンパクトということでした。

ビッグアネスとは

北米発のアウトドアブランドで軽量性と居住性を両立したテントをリリースしており、キャンプやツーリングを楽しむ人をはじめ登山者からも高評価を得ている。

 

仕様は以下

   
サイズ フロア面積/1.9m²、前室面積/0.8m²
収納サイズ 14×44cm
重量 1.13kg
定員 1名
シーズン 3シーズン
素材

フライシート&フロア:ソリューションダイリップストップグリッド 超軽量ダブルリップストップミックスデニールナイロン

本体:ソリューションダイリップストップグリッド
通気加工ダブルリップストップミックスデニールナイロン、ポリエステルメッシュ

カラー オレンジ、オリーブグリーン
耐水圧 1,200mm
付属品 ペグ、DACスーパーライトアルミニウムステイク×7本、本体、フライシート、自在付リフレクティブ(反射)ガイライン、ティップロックテントバックル

詳しくは→ Amazon.co.jp

まとめ

両方とも販売チャネルが少ないのでなかなか入手が大変そう( ;∀;)

 

 

| |

« 【妄想】テントを手放さなきゃ良かったかも | トップページ | 【レビュー】ZOLTAR PythonJet2(パイソンジェット2)のインプレ!/Arai CLASSIC MODとの比較 »

キャンプ用品」カテゴリの記事