« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019-05-13

【ログ】「西湖自由キャンプ場」にソロキャンに行って来た!

GW明けの週末にソロキャンに行って来ました。

予定では下道で行って午前中にチェックインしたかったが、金曜日の夜は新入社員の歓迎会があり帰宅がかなり遅くなった関係で朝早く起きることが出来なかったので今回は高速を使って行った。

9時前に自宅を出て、河口湖ICに11時前に到着。


河口湖ICにて
▲河口湖IC

前日まで、道志の森キャンプ場に行くか西湖に行くかかなり迷ったがやっぱり湖畔で湖を見ながらソロキャンを楽しみたかったので西湖にした。

第1候補は「福住キャンプ場」でしたが、空いてなさそうだったので、第2候補の「西湖自由キャンプ場」へ行った。

「西湖自由キャンプ場」は 湖畔のそばのフリーサイトで人気のキャンプ場なので空いているかが心配でしたがGW明けという事で空いていた!

西湖自由キャンプ場 入口
▲西湖自由キャンプ場 入口

湖畔サイトは、早くから来ているファミリーやカップルがいい感じの間隔で既にサイトを設営済みで設営可能の場所もあったが、後で近くにサイトを設営されたらいやなので、バイク専用のサイトに設営することにした。

バイク専用のサイトは湖畔から少し離れた場所にあり、かろうじて湖が見えるところでした。

西湖自由キャンプ場の湖畔サイト
▲西湖自由キャンプ場の湖畔サイト

サイトの場所を決めたので早速タープとテントの設営に取り掛かります。今回は小川張り(※)に挑戦してみた。

※小川キャンパルのシステムタープを用いた、ヘキサタープとドームテントが隣接した設営方法の名称

小川張りに必要なセッティングテープを使っていつもより時間が掛かったが無事に設営することが出来た。

今回のサイト(モンベル ミニタープヘキサ+クロノスドーム2型)
▲今回のサイト

今回のバイク専用サイトはシチュエーションが良くなかったので、小川張りサイトの画像は次回のキャンプで撮影します..

13時過ぎにサイトの設営が終わり、昼食タイム!

前回同様にお湯を沸かしてカレーヌードルを食べた。今回はあの話題の「悪魔のおにぎり」を買う事が出来たので一緒に。

カレーヌードルと「悪魔のおにぎり」
▲好物のカレーヌードルと「悪魔のおにぎり」

昼食後はまったりタイム!

睡眠が十分にとれてなかったので昼寝したかったけど、何故か寝れずまったり過ごした。

15時過ぎに前々からキャンプで食べてみたかったアラビアータのペンネを作って乾杯!

アラビアータのペンネ
▲アラビアータのペンネ

再度まったりしてましたが、今回は絶対に焚火をしてみたかったから受付に行って薪を購入。

焚火は夜になってからという事で準備はせずに再度まったりしてから、17時を過ぎて早いけど「いずみの湯」に行った。

風呂から帰って来て少し暗くなって来たので、ソロキャン初の待望の焚火という事でこの日の為に準備しておいたモーラナイフでバトニング!(薪割り)

ある程度、燃やせる大きさの薪が出来たところで、ネイチャーストーブで焚火スタート!

ちゃっかり着火剤を持って来ていたので直ぐに着火完了w

ネイチャーストーブので焚火
▲ネイチャーストーブので焚火

お腹もすいてきたので、晩御飯という事で、ごはんをメスティンで炊いて、今回も鶏肉をフライパンで焼いて食べた。

鶏のむね肉
▲鶏のむね肉

結構薪があったので、続けて焚火!

最後は「早く燃えて消えて!」という感じになった。

薪が無くなったのは結局22時過ぎ..

という事で22時過ぎに就寝。

 

十分に睡眠をとってとゆっくり朝起きようと思ってけど、あまり寝れず4時前に起床w

キャンプ場内を散策して、朝食!

▲「西湖自由キャンプ場」の湖畔サイト
▲「西湖自由キャンプ場」の早朝の湖畔サイト

朝食の目玉焼きとジャガイモ
▲朝食の目玉焼きとジャガイモ

2輪部での朝食ではホットサンドですが、一人なのでたまご粥と目玉焼き、ジャガイモを食べた。

ジャガイモを3個持ってきていたのでかなりお腹いっぱいになったw

 

朝食後、まったりしてから、ゆっくり撤収し10時過ぎにキャンプ場を後にした。

今回は、天気が良かったので乾燥撤収することが出来た!

 

西湖まで来たので、やっぱり昼食は「むめさん」という事でお決まりのルートで道の駅「朝霧高原」に寄ってから向かった。

「むめさん」のイカ玉のお好み焼き
▲「むめさん」のイカ玉のお好み焼き

GW明けだからなのか、「むめさん」も珍しく空いており待たずにお好み焼きにありつけたw

お好み焼きを食べた後は、高速を使って16時前に帰宅した。

というまったりしてばかりのGW明けのソロキャンでしたw

 

TW225 足柄SA下りにて
▲足柄SA下りにて

今回の走行距離 279km

|

2019-05-05

気軽に始められるラーツー(ラーメンツーリング)道具を装備してみた!

はじめに

キャンツー(キャンプツーリング)を始めたいけど、最初にテント、寝袋、バーナー等を揃えないと出来ないので諦めているバイク乗りって多いのではないでしょうか?

僕もキャンツーに行くのは好きだけど、道具の数が多いので毎回準備が大変です。

そこで、準備に手間が掛からないラーツー(ラーメンツーリング)をやってみようと思いついてアルコールバーナーとアルコールバーナーに必要な道具を買ってみました。

OD缶用のバーナーを以前から使ってるけど、ランニングコストが高いと感じていたので今回、アルコールバーナーを装備してみた。(アルコールバーナーのアルコール燃料はドラッグストアでも手に入るから)

※OD缶は250mml、1個400円。

 

僕のラーツー道具一式

1dsc02948  
▲最小ラーツー装備7点

僕のラーツーに使用する道具は最小の場合、全部で7点になります。

順に説明していくので参考にしていただければと思います。

①携帯箸
 スノーピークの「和武器(M)」です。これば前にどうしても欲しかったので高いけど手に入れました。割りばしとかでも良いですがやっぱ気分が違いますからw

以前の記事→ 【レビュー】モンベル「野箸」とスノーピーク「和武器 M」の比較をしてみた。

②ライター
 後で説明するアルコールバーナーの着火に必要なライターです。キャンプ仲間のboo-peeさんが持っており便利そうでどうしても欲しかったので手に入れました。僕のはSOTOの「スライドガストーチ」のナチュラムオリジナルモデルになります。

③燃料用アルコール
 燃料用アルコールを安全に持ち運ぶために昨日モンベルで買いました。買った燃料用アルコールをそのまま持って行けばよいですが、Youtubeのキャンプ動画で色々なキャンパーが使っているのを見てたので必然的に..容量が0.3L、0.5L、1Lの3種類ありラーツー専用であれば0.3Lで十分ですが、キャンツーでも使ってみたいので0.5Lにしました。

④アルコールバーナー五徳

1dsc02741
▲トライアングルグリッド2型 TRP302

 ガスバーナーには五徳が付いてますが、アルコールバーナーには五徳が必要なのでバーナーと同じtrangia(トランギア)のものにした。正式名称は「TR-B25用トライアングルグリッド2型 TRP302」。

⑤風除け板(ウィンドスクリーン)
 アルコールバーナーを使用する際に必須の風除け板。(これが無いと火が安定しませんから)これはAmazonでオススメになっていた中華製のものです。

⑥アルコールバーナー

1dsc02740
▲trangia(トランギア) アルコールバーナー TRB25-Q

 ガスバーナーを持っているのでそちらでも良かった訳ですが、最初に書いた通りOD缶が結構高いので前から興味があったtrangia(トランギア)製のアルコールバーナーを装備。買う際は、Esbit(エスビット)のものとかなり迷いました。結果、五徳、フューエルボトルも同じtrangia(トランギア)で統一したw

詳しくは→ 楽天市場Yahoo!ショッピングAmazon.co.jp

⑦コッヘル
 コッヘルは色々なものが各メーカーから出てますが、僕はスノーピークの「トレックコンボ」を使っています。「トレックコンボ」チタン製のものとアルミ製の2種類があり、僕は熱伝導性があるアルミ製になります。コンボという事で 「トレック900」と「トレック1400」のセットでラーツーには「トレック900」を持って行くつもりです。 袋ラーメンが丁度入ります。

以前の記事→ 【妄想】大きいソロクッカーが欲しい!

という感じで、場合によって、テーブルとイスを追加で持って行こうと思ってます。

コーヒーが飲めるようにコップも持参した方が良いかもしれないw

最後まで読んでいただきありがとうございました。

|

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »