« 2018年10月 | トップページ

2018-12-31

【キャンプ用品】Amazonで評判の折り畳みテーブルを買ってみた。

はじめに

1dsc02699
▲Linkax アルミ製 アウトドアテーブル

ソロキャン用のテーブルと言えば「キャプテンスタッグのアルミローテーブル」がかなり人気だけど、僕はスノーピークのソロテーブル「バハ400」(内部リンク)という現在は廃版の物を使ってます。

[外部リンク] キャプテンスタッグ アルミローテーブル

最近、ヘリノックスチェアとの高さが合わないと思ってもう少し高いのが欲しいと思っていたので色々と調べたら、アマゾンで評判が良いローテブルを見つけて値段もかなり手ごろだったので即買い!

前回のソロキャンプで使ってみたら中々良かったので簡単に紹介したいと思います。

 

簡単レビュー

1dsc02693
▲Linkax アルミ製 アウトドアテーブルの収納サイズ(左側)

1dsc02695
▲収納袋の中

折り畳み時のサイズは縦6cm×横13cm×高さ44cmで、ぱっと見はバハと比べてだいたい大きさは同じですが、天板とスタンドのそれぞれが体積があるのでかなり大きいです。

専用の収納袋の中が2室に分かれておりそれぞれを分けて収納できるようになっています。

1dsc02696jpg
▲左:天板、右:スタンド

天板は紐で繋がっており展開するときにバラバラになる事はなく、簡単に展開することが出来て収納するときも交互に折りたたんで収納用のゴムが両端に付いているので簡単に収納が可能です。

71fhbsfqasl__sy450__2
▲出展:Amazonより


”1.アルミニウム製のフレームを広げ
 2.支え棒をかける
 3.テーブルの天板を展開
 4.天板の心棒をフレームにはめ込む
 5.少し力を入れ、天板がフレームにしっかりと設置されているかを確認”
(Amzonの商品説明より引用)

一瞬で組立が完了します。

1dsc02704
▲使用イメージ

実際にキャンプ道具をテーブルの上に置いた感じは写真のようになります。

バーナー、シエラカッブ、ミニランタンとまな板を置いてみました。

1dsc02701
▲大きさ比較(左:Linkax アルミ製 アウトドアテーブル、右:スノーピーク バハ400)

大きさは写真の通りで幅が若干、バハより短く正方形になっています。

1dsc02709
▲使用イメージ(ヘリノックスチェアと一緒にアルミテーブルを使ってみた例)

ヘリノックスチェアと一緒に使った場合はチェアの座面とだいたい同じくらいの高さになるのでスノーピークのローテーブルよりかなり使いやすいです。

 

感想

という感じで収納した状態がスノーピークのローテブルよりかなり嵩張りますが、テーブルの高さが座面と同じくらいなので使いやすいです。

現在、年末売り出しセールなのか僕が買った時よりかなり安くなっておりショックでしたorz

ヤフーショッピング、楽天市場でも同じものが売られていますがアマゾンの方が半値で買えるようです。

[外部リンク] 

Linkax アルミ製 アウトドアテーブル

YAHOO!ショッピングで見る

楽天市場で見る

|

2018-12-29

【ログ】TW225のシートを4cmあんこ盛りした話。

はじめに

ヤマハTW225に乗換えて1年が経過。

僕の身長は179cm、TW225のシート高は790mmでは通常は問題ないけど、キャンプツーリングに行く際はリアシートにキャンプ道具を載せる関係でシートの前側に乗車する事になり、その際に一番シート高が低いところに乗るのでかなり膝が窮屈(泣

その度にいつも思うのが、

「シートをハイシート化したい!」

毎回、そんな思いをするのは精神衛生上良くないので、シートのあんこ盛りをする事にした。

どこの加工屋にする?

以前にW650のシートの張替の時にお世話になった浜松の「ラナシート」さんにお願いする気満々でいたけど、知り合いに聞くともうバイクメーカーの仕事をやっており個人向けシート加工はやっていないと聞いた。

以前の記事→ W650のシートを貼り替えた。

それが理由で保留、数か月後..

バイク仲間のharryさんがCL400のシートをあんこ盛りしてたのを思いだしのがきっかけで思いが再燃。

やっぱり、あんこ盛りしたいw

どこで加工してもらったのを聞かずにはいられなくなり教えてもらったw

CL400のあんこ盛りシートの事が書かれている記事→ 17年目の旅バイク、その1。

また、バイクの事で相談に乗ってくれる友人にシート加工屋を紹介していただいた。

その工房に行って打ち合わせをして高かったけどその気になったのでその場で、手付金を払っい帰宅。

1週間後に加工着手で3週間後位には完成するところだったけど、超有名な「野口装美」がやっぱり気になったので問い合わせてみた結果、概算5万7千円位と既にお願いしている加工屋より1万円位安い事が判明!

その加工屋さんが「シートあんこ盛りすると乗車した時に体重で沈み込んで横にしわが出る事がありますよ!」と言っていたのがひかかっていたのとシート表皮の選択肢が少なく選んだ「シート表皮の素材がいまいち気に入っていなかった。」というか「ラナシート」のサンドという生地にも未練があったので結果、とても申し訳なかったが急きょキャンセル!

その後、harryさんが施工した「丸直」さんにも概算費用を問い合わせたところ3万円弱とかなり安い事が判明!

という感じで選択肢が増えてどこにお願いするのかがわからなくなって来たときに、ダメ元で「ラナシート」さんにメールで連絡したら返信があり、概算費用を聞いたら「丸直」さんと同じくらいで加工して頂けるらしい!

シート生地はサンドがやっぱりいい

という事で、浜松の「ラナシート」さんにシート加工をお願いする事にした(^^♪

4cmあんこ盛りシートのご紹介

前置きがかなり長くなりましたが、TW225特注ハイシートのご紹介w

最初に何センチをあんこ盛りするかというところで少し迷ったけど、「4cm位ならバイクのデザインを損なわないのでは?」思ったので4cmのあんこ盛りにすることにした。

(シート加工に出したらバイクに乗れなくなるので先にメルカリで中古シートを手に入れておきました。)

1dsc02687
▲ノーマルシート

1dsc02684
▲4cmあんこ盛りのシート

最初にお願いしていた加工屋では「表皮をノーマルと同じ様に加工は出来ない!」と言われておりましたが「ラナシート」さんではあっさり実現!

上面から後にかけてをW650の時と同じ”サンド”という生地にして、前の横は艶のある記事 生地にしていただいたのでシートに表情が出来て良い感じにになった。

また、シートベルトは無しにしたからスッキリとしてよい感じ。

1dsc02689
▲シート後ろ 左が「4cmあんこ盛り」、右が「ノーマル」

シート前と後ろは少ししかあんこ盛りしていません。

1dsc02688
▲シート前の裏 左が「4cmあんこ盛り」、右が「ノーマル」

メルカリで手に入れたシートは経年劣化で前側が反っており、横から見るとタンクとの間に隙間が出来てしまい、元々ついていたシートはまだ反っていなかったわけですが、あんこ盛り加工の影響であんこ盛りしたクッション材を接着した関係で収縮しており結果、シート前側にタンクとの隙間が発生してしまった!

その隙間を埋めるために、前のシートの裏にも1cm位クッション材を盛って頂きました。

1dsc02682001
▲ノーマルシート

1dsc02692001
▲4cmあんこ盛りシート

かなりいい感じでデザインを損なうことない見事なあんこ盛りシートになった。

シート前のタンクとの隙間も裏側にもあんこ盛りしてもらったのでタンクとの隙間が目立ちません!

1dsc02676
▲ブランドタグ

先ほどの写真ではリアキャリアがあって見えずらかった訳ですが、最近の加工シートには希望により「ラナシート」のブランドタグを好きな位置に縫い付けてもらえます!

僕の場合は、右の後ろに縫い付けていただきました。

最後に

という感じで道のりが長かった僕のTWハイシート化が完了。

感想としては、あんこ盛りの効果により膝の曲がりが減ってとても良い感じになった。また盛ったクッション材が適度な硬さというかノーマルシートよりかなり腰のある好みの固さになり良い感じです。

といい事ばかり書きましたが、まだ家の近くしか乗車していないからツーリング等の長距離ではどうなるかわかりません。

 

今回の為にわざわざメルカリで手に入れた仮のノーマルシートはヤフオクがメルカリで処分するつもりでいたけど6cmのあんこ盛りにしてみたい気がしますw

 

<今回お世話になった浜松の「ラナシート」さんへのリンク>

下記のバナー画像をクリックするとラナシートさんのサイトが開きます!

ラナシート

 

[以前の記事] W650のシートを貼り替えた。

[外部リンク] CL400リアシートのあんこ盛りの事が書かれている記事→ 17年目の旅バイク、その1。

|

2018-12-16

【ログ】浜松「ラナシート」からの精進湖「民宿丸慶」でクラブスクランブラー の忘年会に参加した話。

はじめに

1dsc02638
▲民宿 丸慶

毎年1回、CL400&CB400SSが縁で仲良くなったバイク仲間とオフ会をしている訳ですが、昨日から一泊二日で忘年会に参加してきた。

また、TWのシート加工をお願いしている浜松の「ラナシート」さんから試乗チェックしに来てほしいという連絡が来ていたので「ラナシート」さんに行ってからの精進湖忘年会というかなり長距離のツーリングにこの寒い中行って来たw

参加者は今年も3名。コーノさんとジミーさんと僕。

一日目の出来事

1dsc02630
▲最終段階のあんこ盛りシート

浜松の「ラナシート」さんに10時で約束していたので朝5時には出発しなければならない訳だったのですが準備に手間取ったというか、レインスーツが見つからず時間を取られ6時に出発。

とにかく寒く、中井PAから足柄SAあたりがかなり気温が低く死ぬ思いをした。

結果、10時半を過ぎて到着。

作成中のシートを装着してチェック。説明を代表の志村さんから色々受け、試乗!

高くなったシートはまずまずだった。

写真の状態から更に表面を削って表皮を装着して完成!

来週には、仕上がったハイシートのTWに乗れるでしょう。

 

ハイシートの確認が終わったので、今回は車参加のコーノさんと下道を走って精進湖に向かった。

1dsc02632
▲ミニシラス丼とそば

1dsc02635
▲もちやの先のセブンイレブンから見えた富士山

途中、その遅めの昼ご飯を道の駅 富士で食べて16時位に到着。

既に気温は0℃くらいになってましたw

ジミーさんは既に到着しており、お疲れの様でロビーで寝てました。

挨拶を済ませて直ぐに風呂に入って18時から宴会。

1dsc02641
▲丸慶の晩御飯

晩御飯で軽く飲んで、2次会は部屋でw

23時位に就寝Zzz

 

二日目の出来事

1dsc02647
▲丸慶の展望台(屋上)から見える富士山

夜中にトイレで何度も目が覚めたけど、6時前に起床。

富士山が見える新しく出来た展望台へ上がって富士山チェック!

少し雲が掛かってたのが残念。

朝食を済ませた後は、記念撮影をして解散。

Img_4572
▲記念写真

みんなと解散して、まだまだ富士山を見たかったので久しぶりに紅葉台に向かった。

結果、かなり雲が出ており見えず..

という事で今回は諦め帰宅することにした。

1dsc02668
▲北口本宮冨士浅間神社

途中、「北口本宮冨士浅間神社」にお参りして「道の駅富士吉田」で早めの昼ご飯を食べて14時過ぎに帰宅した。

 

感想

今回のツーリングはなんと1日に423kmも走った。まあ、浜松に行ってから精進湖まで走りましたから。

意外とTWのシートはしっかりしておりお尻が痛くなって困るような事はなかったです。

気になるハイシートですが来週末には家に届ので楽しみなのは楽しみですけど、今回かなり走ったからしばらくバイクには乗りたくないっていう感じですw

気が向いたら、レビューするので期待しないでお待ちくださいw

1dsc02661001
▲紅葉台のどこかで

今回の走行距離 548km (燃費 33.15km/l

内 1日目 423km、2日目 125km

|

« 2018年10月 | トップページ