« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011-06-26

高級バイクカバーを買ってみた。

「ナップス夏のスーパーセール」と言うことで、今日行ってきました。

以前にトップケースを買いましたが、部屋に置いてると邪魔なので

バイクに付けたままにしておくためにボックス付きサイズのバイクカバーを

物色に行きました。

で、購入候補は以下の3つ

  • BLACK COVER (デイトナ)
  • バイクカバーFタイプ(ワイズギア)
  • 透湿防水バイクカバー(平山産業)

最初は、デイトナの「BLACK COVERプレミアム」がボックス部が可変になっている

(ボックスを付けない場合は、ボックス部を格納可能)のでいいかなと

思いましたが、2,1000円もするので却下。

買う場合は、アマゾンで買いましょう。21,000円が12,260円で売ってました。

で、半額になっているワイズギアの「バイクカバーFタイプボックス対応」で考えたが、

サイズがマジェスティと書いてあったのがひかかり却下。

帰宅してワイズギアのサイトをみたら、TMAXボックス対応サイズがありました。

結局、平山産業の「テクナロン透湿防水バイクカバー」を購入しました。

以下、商品説明。

本当にいいものを、長く大切に使う時代です。車も同様、いい車ほど日常のメンテナンスにも気を配られ、大切に扱われています。しかし、直接外的影響から車体を守るカバーについては、残念ですがあまり関心がないようです。大きな理由の一つに、今までカバーの機能がそれほどよくなかったことが挙げられます。雨を弾き水分を通さないものはムレてしまう、ムレないものは濡れてしまう、そしてなかなか乾かない等、欠点が多い商品だったと言えます。テクノカバーはこれらの欠点を見事に解決した画期的な商品です。

通常は高いですが、これもセールで半額になっていました。

このバイクカバーは、かなり生地が厚く畳んだ状態でも通常のバイクカバーの

畳んだ大きさの3倍位の大きさになってます(汗)

・・・・・
[外部リンク] 平山産業・テクナロンバイクカバー 大型スクーターボックス付サイズ

[外部リンク] デイトナ・ブラックカバープレミアム 大型スクーターサイズ

[外部リンク] ワイズギア・バイクカバーFタイプ TMAX(4B5) BOX装着車

| | トラックバック (0)

2011-06-05

「KTM 125 DUKE」に乗ってみた。

巷で大評判になっている、「KTM 125 DUKE」の試乗会をナップス幸浦でやってる

情報をTwitterで知ったので、箱根に軽くツーリングに行った帰りに行ってみた。

 

行きはいつもの、東名→小田原厚木道路→ターンパイクで

途中で買って置いた朝食を大観山で食べて、○○こして。

帰りは、椿ラインを下ってみました。

朝練ライダーに道を譲りのんびり走った。

Imgp1107_1

椿ラインの後は、真鶴ブルーライン→西湘バイパス→新湘南バイパス→横浜新道→首都高

から、「KTM 125 DUKE」試乗会を開催しているナップス幸浦に到着。

Imgp1108_1

書類に名前等を記入後、順番待ちもなく直ぐに試乗出来ました。

久しぶりのマニュアルで最初は戸惑ったが、50mも走ると直ぐに慣れ

エンジンをブン回して走ってみた。

乗った感想は、やっぱり125CCのバイクです。

しかし、パーツの造り込みがいいので、ちゃちくありません。

まあ、45万位しますから。

余裕があれば、セカンドバイクに欲しいですね。

エンジン音がしょぼいので、とりあえずマフラーは交換しましょう。

参考にならない、インプレでした。

これを期に、国産で125CCモデルが出てくると面白いかも(^<^)

・・・・・

[外部リンク] KTM 125 DUKE CARAVAN SPECIAL コンテンツ

| | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »