« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008-05-07

「TOKYOセンチュリーライド2008 IN荒川」の準備

5/10の「TOKYOセンチュリーライド2008 IN荒川」に参加するには、ヘルメットの着用が
義務となっている。

以前GIROのヘルメットを持ってたのですが、ぼろくなったので処分してました。

ということで、急遽ヘルメットを準備。

最初は、フリーライド系のヘルメットで考えていたが、これから暑くなるので
やっぱり普通の奴にする事に。

迷った挙句、OGKのREGAS(リガス)に決定し以前にフィッティングした事があるのでネットで注文しようと思ってましたが、欲しい色のホワイト/ガンメタはフィッティングしてないので、Y'sロードの環八R1号店に行ってフィッティングしてからネットで注文することに。


で、お店に行って店員に声を掛けて一応お勧めを聞いてみると、

予算と自転車の種類、色を聞かれたので、1万円位で、マウンテンバイク、深緑のメタリックと伝えました。

店員さんが何個か奨めてきたメットを順番にカブってみて、頭にフィットしたBELL(ベル)のVentureをその場でお買い上げ。

BELL(ベル)のVenture

Imgp0295_1

(前)

Imgp0301_1

(後)

 

買った後に気付いた事。

安いヘルメットは後頭部の塗装が簡素化されている(^_^;)




| | トラックバック (0)

2008-05-06

追突事故に遭う(その3)

Img_0004_1

病院での検査が終わり、手続きを済ましていると、
警察から電話があり、事情聴衆があるので来て欲しいとの事。

従兄弟に迎えに来てもらって、警察に向かいました。

事情聴衆は自分だけと思っていたら、3人全員することに、
3人別々に事情聴衆を受ける。

場所、時間、状況などを順番に聞かれ、警官は過去の事情聴衆のコピーを見ながら
記録していました。

事情聴衆のなかで、自分の過失はあるのかと聞かれ少しあきれた(^_^;)
車間距離をとって止まっていれば、前の車に衝突しなかった。。

おっしゃる通りかもしれないが、信号で止まるときは1メートル位で止まるでしょ。


一応、自分がサイドブレーキを引いて止まっていれば前の車に衝突しなかったと供述。
一切過失はなかったと言っても良かったのですけど。

それから、相手に対する処分を聞かれ、処罰するように言いました。
後で家内聞くと、厳重に処罰するように言ったみたい。


一時間位で事情聴衆が終わり、外に出ると、衝突して来た車の運転手の父親が待っていたらしく謝罪の言葉。


この時、事故の原因をはじめて知った。

夜勤の出勤中の「居眠り運転」

だから、時速50キロでのノーブレーキ、車は全損

(一応、終わり)

| | トラックバック (0)

2008-05-05

追突事故に遭う(その2)

Img_0023_2

前の人に声を掛けたあと、
衝突して来た車の人が、「すみません」と声を掛けてきた。
後ろの車は、一人で乗っていたみたい。

運転席の後ろに乗っていた家内は、シートベルトをしてなかったので頭を
強く打ってたので、気持ち悪いと言っている。
車から降りて直ぐに吐いたらしい。

助手席に乗っていた、家内の父親はシートベルトをしていたので何んともなく、
後部座席に乗っていた子供2人は、泣いてはいたが体は無事でした。

そのあと警察に携帯電話で、電話する。
場所を聞かれたが、自分は群馬には詳しくないのでうまく説明できない。
なんとか場所が伝わり、警察を待つことに。

道路に面した家の人が出てきていて、子供に寒いので家に入りなさいという
親切な言葉を頂く、子供はそこの家にあがった。


10分位してやっと、警察が到着。

車がぶつかったままの状態で道の真ん中に止まったままにしていたので、
警官に、車を少し動かす様指示され、車が爆発するんじゃないかと思ったが、
警官が大丈夫だというのでエンジンをかけて動かす。
アクセルを踏んだが事故の前の様にスムースに動かない
車のダメージがひどいみたい。
少し前に出て道の脇に停車させた。

警官に救急車を呼んでもらう。

そのあと、近所が家のいとこ夫婦が到着。


その間に、荷室に積んでいたノートパソコンが心配だったのだが、
(次の日の、納品ソフトがハードディスクに入っていたので)
後部ドア、後部座席のドアは開かないので
前の席から後ろの席へ移動して、ラゲッジネットを外してやっとのことで
パソコンを出して電源を入れてみる。。大丈夫。

車から出て、後ろの車の運転手に名前、連絡先を聞かれたので教える。


やっと救急車が来たので、自分と家内と家内の父親は病院で見てもらう事にした。
子供2人は、いとこ夫婦にあずかってもらう。

前の車は2人は、助手席の女の人が少し首が痛くて気持ち悪いみたいだが
後日改めて病院に行くとの事でした。

救急車に3人で乗ったが、行く病院が決まるまで救急車内で

血圧などを見てもらいながら、名前、生年月日を救急隊員に告げる。

暫くして、病院が決まり出発。15分位で病院に着く。

家内は、とにかく頭が痛いのでMRIで検査してもらった。
自分は、首、腰、ひざのレントゲンを撮ってもらい、
家内の父も首のレントゲンを撮ってもらう。
幸い3人共、重大な怪我には至らず。少し安心。

(その3)へ続く

| | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »